「猫の恩返し」の奇跡!信じるか 信じないかは あなた次第

こんにちは!


この子猫は アメリカの家にいる猫が、子猫のときの写真。


☆ブログ仲間の黒い エキゾチックショートのむぎちゃん!
飼い主さん、ブログに 《猫診断  占い》が あったから ためしたよ。

診断結果[茶トラ]
いつもニコニコ顔で学校や会社で人気者のあなたは「茶トラ」タイプ。気持ちをストレートに表現する直球型で、食事や睡眠などの欲求にもとっても素直。食べたいだけご飯を食べたあとで大後悔…なんてこともあったりするから要注意!


犬診断はこちら
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
わぁ〜!茶トラだって🐯出た❣️


米国の家には、茶トラのオスが います。
以前、近所で 捨てられてた 野良猫さんの子猫でした。


猫は 古代エジプト人は、神として 大切にしてたという。
そのことを知った 敵国が 戦争を仕掛けてきた時に、
軍隊の先頭に 猫を🐱盾に かかげて 攻めてきた。
古代エジプト人が、神として 大切にする猫を 傷つけることが
できないと 読んでの作戦。
その通りに、エジプト軍は 猫を 傷つけることはできず 敗戦を
選んだという伝説です。


太陽神信仰〜ライオン=猫(はライオンの化身. 代わり)
(太陽神を ライオンにたとえた〜やがて 飼うのが安全な猫に)


古代エジプト人は、魂の不滅と 来世を 信じていたから
ファラオや 高貴な人々を ミイラにして 再生を 願いました。
ピラミッドは 王墓であると共に 、秘儀伝授のイニシエーションと
関係が あるようです。


エジプト遠征で有名なナポレオン!
フランスに エジプトのオベリスクを持ち帰り、今も コンコルド広場に。


Londonにも、ローマにも。New Yorkにも。
なぜか。西欧諸国の中心に 据え置き 飾られてる。
太陽神の記念モニュメント。
なぜか  古代エジプト文明のパワーが 忘れられないかのように
私には 見えます。


日本でも 死者を 猫がまたぐと 生き返ると 民間伝承が あります。
《死と再生、永遠の生命》というキーワードと関係ある猫たち。


ところで、道端に 捨てられてた 子猫ちゃん。
あるとき ウチの子供が 拾ってきた。私と 保護して 飼うことになった。
そこへ 上の子供が 来て、その子猫を 引き取り 自分が 世話をして飼うと 約束してくれた。
それは 小さな 茶トラ子猫ちゃん🐯
自立してた上の子供に、それから ずっと 可愛いがられて 今では
アメリカに 住んでる。


そして 驚いたことに、子猫ちゃんが 拾われて 上の子供が 飼いだした
その日に とった写真を メールで もらった。
そこに 日付が 入ってた!
なんと!この子猫を 拾って助けた子供が めでたく結婚して、
幸いに 赤ちゃんが 生まれた❣️ベビーの誕生日🎂と同じ。


もし 猫に 古代エジプト人のいうように 神性が あるとしたら?


道端で 生き絶えそうだった 小さな子猫。
助けられた 記念日を 忘れないかもしれない。


いいえ。太陽の神が、化身のライオンや 代理の猫を 保護する人に
ご褒美を くれるのかも しれない。


小さな茶トラのオス猫を 、助けて 家族で 可愛いがってきたら?
助けた日から、ちょうど 「十年後の同じ日」に 自分に 赤ちゃんが 生まれた。


この偶然の一致に、助けた「猫の恩返し」を 感じるのです。
まったく 忘れていた日付が 子猫の写真に 刻まれて
やがて 十年後に 祝福された 、そんな 奇跡なのです。


この1匹の子猫を 最初に助けた 子供と 承諾した 私。
そして ずっと 飼い続けて 渡米するときにも 手放すことのなかった
上の子供を 「長靴をはいた猫」の童話のように 守り続けてくれています。


まず 最初の行動、子猫を 拾って家に 連れてきた。(行動)
次に、保護してという願いに OKした。(同意)
その子猫を 自分が育てると 決断した。(実行 継続)


(私は まさか、最初は 反対なようだった 上の子供が
引き取り 可愛いがり 大切にし続けたことに 驚きました。)
たかが 野良猫を 1匹助けたから ナニ?と 思いますか。


私たちにとっては、ありがたい 奇跡の「猫の恩返し」なのです。


そして、ほんとは 私は ライオンが飼いたい。
サバンナの保護区の人みたいに 仲良くしたい。
ライオンの代わりに 猫になってる。
古代エジプトのファラオ 、ラムセス二世のように ライオンを連れてたい。


《信じるか 信じないかは、あなた次第です。》😳😮


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。